by

闇金業者で働いているひとは、どうやったら辞められるのか

闇金業者は、違法な取り立てを行って債務者からお金を取れるだけ取るという悪徳な業者です。悪徳とはいえ、業者として運営していくには人が必要ですので、従業員はいます。従業員となる人の境遇は様々ですが、反社会的勢力の構成員であったり、金融系の仕事であるということで働き始める普通の人もいます。しかし、一度働き始めると彼らは皆、闇金業者のルールを債務者に強制し、暴利を貪ります。そのため、良心が残っている人ならば辞めたいという人もいるでしょう。辞めたいと思っても、簡単にやめられるものではないのは、想像に難くありません。

しかし、意外に緩い場合もあります。具体的にどうやって辞めるのかという点ですが、普通に話し合いをして辞めたい旨を言って、了承してもらうのがメインルートとなります。ただ、それで素直に首を縦に振ってもらえるかは、その上の立場の人次第です。ある人は、別の社員が代わりにその人の地位に入ることで何とかやめることができたそうです。こればかりは、闇金業者によって異なるとしまいえません。

ただ、どうしても了承してもらえないからと言ってあきらめるべきではありません。そもそも違法な存在である闇金業者に勤め続けることは、反社会的でありますし、逮捕のリスクはあります。したがって、そのような場合には弁護士に相談しましょう。また、バックレてしまうのも一つの手段として有効です。ただ、バックレの場合には後で何をされるかわからないため、弁護士に相談するのが確実です。
参考

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.